男性が本命に見せる態度とセフレ(せふれ)にみせる態度の違い

男性は女性のタイプやその人との関係性から、その人に対する態度に違いが生じることがあります。

そこには主にしっかりとした恋愛感情が働いているか?もしくは身体だけが目当ての関係か?によって大きな違いが生まれます。

そしてそれは、相手の女性との関係性が、

「本命」であるのか?

「セフレ」であるのか?

によって雰囲気やニュアンスに違いが起こり、時としてあからさまに態度が変わることもあるんですね。

男性が本命に見せる態度、そしてセフレに見せる態度の違い。いったいどのような顕著な違い、そして見てわかるほどの差があるのでしょうか?

男性が本命だと思っている彼女に取る行動

男性がその女性を本命だと思い、その彼女に取る行動には、どういったものがあるでしょう。

本命だと思っているということは、恋愛感情が働いて始めてその気持ちになります。

そして自分が好きになった、もしくは様々な困難を乗り越えて手に入れた本命には男性特有の行動が表れることが少なくありません。男性が本命だと思っている彼女に取る特有の行動について、実は大きく3つのパターンに分かれます。ここではそのパターンについて見ていきましょう。

本命の交友関係に敏感

男性は基本的には恋愛に対して小心者であり、本命の彼女であっても常に心配が付きまとっています。そしてその心配は本命の彼女の交友関係にも及び、嫉妬が渦巻くことが少なくありません。

ある意味敏感になっているのでついつい友人と遊びに行った彼女に嫌な態度を取ってしまったり、キツイ言葉を投げかけてしまうことがあります。

これは相手の女性を本命として大切に思う気持ちの表れであり、大切にしたい気持ちの裏返しとも言えるものです。

他の女性に見せない優しさがある

男性は本命の女性に対して、他の女性にはまず見せない優しい態度を取ることがあります。

どちらかというと保護者的な観点を持ち、彼女が嫌な思いや苦しい体験をしないよう時に叱り時に褒め、行動をコントロールしようとする時があります。

また、本命の彼女の為に自分の気持ちは後回しにし、彼女の気持ちを最優先に考えることも少なくありません。こういった行動や態度は他の女性に向けることはまずなく、本命であるからこその大切にしたい気持ちの表れと言えますね。

家族や友人に本命を紹介したくなる

男性は基本、大切に思う家族や友人のテリトリーには、あまり知らないような人を入れません。

かなりの信頼関係があるか、もしくは心からその人に対して好意がある場合にそのテリトリーに入ってもらおうとします。

本命の彼女であれば信頼感はもちろん、大きな恋愛感情が働いていますので大切なテリトリー内で自慢したいという欲求も働きます。

また大切な本命だからこそ大切な家族や友人達と仲良く、末永く親しくなって欲しいという気持ちが湧き上がるものです。

男性が友達に彼女を紹介する心理とは

男性が友達に彼女を紹介する時に働く心理とは、一体どのようなものなのでしょうか。

上記でも若干述べましたが、自分の本命である彼女を友達に自慢したいという欲求が働くというのが挙げられます。

そして、その彼女が自分の親しい友達と仲良くなって欲しいという気持ちも働くんですね。

自分の友達と彼女が仲良くなってくれると純粋に嬉しいですし、一緒に遊ぶことも出来るので楽しい思い出が増えます。

また、彼女には自分の付き合っている友達のタイプやコミュニティーなどを理解してもらい一緒に共有したいという気持ちがあります。

これは自分と彼女の心の中の壁を出来るだけ取り外し、自分はどういった事が好きでどういったものに魅力を感じるのか?知って欲しいという願望があるからなんですね。

男性が本気の彼女にとる連絡の頻度とは

男性が本気の彼女にとる連絡の頻度、それは一体どれくらいのものなのでしょうか。

その人の性格や考え方などにも左右されますが、多くはひとつの答えに行きつくことが多いようです。

そして、自分の中の恋愛感情が高まれば高まるほど密に連絡を取り合いたいという欲求が溢れだし、自分でも驚くほどの頻度で連絡する事が多いようですね。

では、どのくらいの連絡頻度が本気の彼女に対する態度なのでしょうか?それは、

“毎日何かしらの連絡をする”

という答えに行きつくことが多いようです。

今は気軽に連絡できるLINEやメールなどがありますので、「おはよう」「今何してる?」などちょっとしたやりとりをして簡単な繋がりを日々の活力にしたい

男性は多いですね。

また、中には毎日だと義務的になってしまうという考えや、特に連絡する用事もないのに連絡するのは気が引ける、という考えもあるようです。

男性の浮気相手の女の子にとる態度の特徴について

本命の彼女と浮気相手の女性、2人に対して取る態度は根本的な所にちょっとした差があるようです。

本命の彼女に対しては毎日連絡を取りたい気持ちが働いたり、他の人には見せない優しさを与えたり、雰囲気がちょっと違います。

では、男性は浮気相手の女の子にどのような態度を取るのか?把握しておきたい所ですよね。

一番大きなポイントとしては、

“わがままな姿や甘えた姿を見せられる”

というものです。

もちろん本命の彼女に対してもわがままを言ったり、甘えることは当然あるでしょう。

ですが、本命の彼女に対してのわがままや甘えというのは、どちらかというと無意識である程度自分を抑えながらの態度となる事が多いようです。

一方、浮気相手の女性に対しては無意識で抑える事がなく、強くわがままを言ったり甘えたりします。

ですが、この辺りは個人差があるので一概には言えない部分もあります。

例え本命であっても時として強くわがままを言う事もありますし、浮気相手でもある程度抑えた態度を取ることもあります。

自分に対してどのようなわがままや甘え方をしてくるのか?見極めることが一つのポイントかもしれませんね。

男性がキープの女の子にとる態度の特徴について

仲良くなって結構良い雰囲気になった女の子、とりあえずキープしておきたいと思う男性は多いものです。

男性は広く女性にモテたいという心理がありますので、とりあえず気軽に呼び出せたり気遣いせず遊べる存在が近くにいると満足するんですね。

「なんか私に対する態度って気軽過ぎない?」

というようにフッと感じたり思うことがあれば、男性がキープの女の子にとる態度を知っておく事で、本気なのか遊びなのか?の目安になるでしょう。

多くの男性がキープの女の子にとる態度として、下記3つが多いようです。

インドア、お部屋でのデートが多い

キープの女の子とのデートの際、アウトドアよりもインドアであるお部屋でのデート比率が高いようです。

お部屋の中であればそれほどお金もかかりませんし、有名スポットなどに連れていく労力も必要ありません。

なによりお部屋の中でのデートであれば周囲や本命の女の子にバレにくいというメリットがあります。

もちろん本命の女の子とイチャイチャしたりまったりと過ごしたいので、お部屋でのデートを選ぶ事もあるでしょう。

一緒の写真を撮りたがらない

今は気軽にスマホやデジカメで写真を撮ることが出来ます。

お付き合いしているカップルであれば、思い出として一緒に映っている写真を撮ろうと思うのは自然なことですよね。

男性の場合は写真に写るのが苦手なタイプもいますが、それでもあまりにも極端に避けようとする場合、そこには写真を避けたい理由があるかもしれません。

多い答えとしては、一緒に映っている写真があると何かの拍子に本命の女の子に見られ、バレてしまうのを恐れている為です。

火のない所に煙は立たないと言うように、写真に写らないようにすることで、事故を未然に防ごうとします。

次に会う予定などがはっきりしない

次に会う予定やデートの日取りを決めようとしても、はっきりとした返事をしなかったり何となくはぐらかされているような場合。

もちろん本当に予定を立てることが出来ず、あやふやな態度をとってしまっている事に心苦しく思っている事もあるでしょう。

しかし、そういった中でも一つ考えられるのは、本命の女の子との予定がハッキリと決まっていないからという理由があるのかもしれません。

自分だけの予定であったり友人との予定があれば、率直にそう言えばいいだけですので返事をしないという事はあまり考えられません。

本命はもちろんですが、キープの女の子の誘いも断りたくないのでどうしても言葉が濁ることが多いようですね。

男性がセフレの女の子にとる態度の特徴について

男性はとりあえずセフレにしておきたい女の子に対しても、それに伴う態度を表します。

男性は本来色々な女性に興味があり、タイプの女の子であれば性欲を解放したいという欲求が強くあります。

それは男性における子孫を残したいという本能的な欲求でもあり、無意識にそのような態度を女性に表します。

さて、男性がセフレにとる態度の特徴ですが、

主に3つの項目に分類されています。

それは、

  • お金
  • 時間
  • 労力

というものです。

まずお金という項目ですが、男性は身体目的の女の子に対してはあまりお金を使いたくないという傾向にあります。

その分のお金を本命に使いたいという都合の良い考えが働き、お金をかけず遊びたいしあわよくばセックスをしたいと計算します。

次に時間という項目ですが、あまり時間をかけずに会ったらすぐにでもセックスに持ち込みたいと考えるものです。

セフレの女の子に対してはどちらかというと楽しく会話をしたり遊んだりというよりも、セックスを早く済ませてしまいたいという欲求が強く出ます。

そして、とりあえずスッキリとした後に会話をしたり、遊んだりという自分ならではの順序があるようです。

最後に労力という項目ですが、こちらもセフレの女の子に対しては労力を使わずに色々と済ませたいと感じていることが多いようです。

まだ出会ってから間もない頃、身体の関係が無い段階では、セフレにしたいという欲求が強いので労力を惜しみません。

ですが、ひとたび身体の関係を持ってしまうと、今度はいかに労力を使わずに気軽にどうやってセックスまで持ち込もうか?という考えを持つことが多いんですね。

もちろん男性が全てこの傾向にあるわけではありませんし、丁寧な会話や楽しく遊ぶ事から入る男性もいるでしょう。

セフレかもしれない疑問があっても本命の彼女と同じくお金、時間、労力を惜しまずに接してくる事もあります。

彼の態度がわからない時、確認するちょっとしたポイントになるかもしれません。

男性が本命に見せる態度とセフレにみせる態度の違いまとめ

男性が本命に見せる態度とセフレにみせる態度の違いについて、ポイントを押さえる事は出来たでしょうか。

本命に見せる態度もセフレに見せる態度もまったく別物というわけではなく、どちらかというと似ている部分もあり多少違う部分もある、という微妙なニュアンスです。

男性からすると本命といえどセフレといえど、気持ちが寄っていることに変わりはありません。

本命に対する優しく温かな心の傾きがあるように、セフレに対しても優しく温かな心の傾きはあります。

セフレに対する態度、キープに対する態度に当てはまっても、男性の気持ちはどこでどう変化するかわかりません。

もしかしたら知らないうちに本命にとる態度をあなたにとっているかもしれませんし、それに気がついていないだけの可能性もあります。

嫌な気分にならず、相手を大切に思う気持ちこそが、素敵な2人の未来を開く重要なエッセンスではないでしょうか。

コメント

  1. […] 男性が本命に見せる態度とセフレ(せふれ)にみせる態度の違い […]