キープの女性と本命の彼女に対する行動の違いはここ

わたしは彼にとってキープなんだろうか?それとも本命として付き合ってくれているんだろうか?と、頭の中がグルグルしている方はいませんか?

実は男性は、キープ女性に対する行動と本命女性に対する行動には、あきらかな違いがあるのです!

キープの女性と本命の彼女のプレゼントの違いは?

キープしている女性に対するプレゼントと、本命の彼女に対するプレゼントはかなりわかりやすい違いがあるようです。

ではいったいどのような違いがあるのか、みてみましょう。

キープの女性へのプレゼント

  • 誕生日やクリスマスといったイベントに、プレゼントがそもそもない
  • 会ったときは食事代をワリカンまたはごちそうしてくれるけど、それ以外はなにもない
  • 消えもの(たべもの)をくれる

本命彼女へのプレゼント

  • 誕生日やクリスマスなどのイベントに、アクセサリーなどのプレゼントをする
  • 女性が好きそうなものをさりげなくリサーチしているので、的外れがあまりない
  • デートのときの食事代すらもプレゼントなので、ワリカンがあまりない

といったことがあげられます。

キープしている女性に対しては、プレゼントに関する期待を持たせないように日頃から接しているはずなので、「自分はプレゼントとかしたことないんだよね」など、いかにも過去もプレゼントをするような付き合いはしたことがないようなことを言ったりします。

また、キープに対する食事代の出し方にも2通りあり、食事代はすべて出すけれどそれ以外のことはお金を出さない傾向がある場合と、食事代はワリカンでプレゼントも一切ない場合があります。

これらを照らし合わせると、彼はどっちなんだろう?と悩むかもしれませんが、プレゼントがなければ「キープされている」と思って間違いないでしょう。

なぜならキープへのプレゼントを考えたり購入したりする時間がもったいないからです。

また、食べ物など「消えもの」をプレゼントのようにくれたりしますが、それは証拠や思い出を残さずにキープできる安上がりな行動です。

一方本命彼女に対するプレゼントは、明らかに彼が選びに行って購入したものという感じが伝わってくるものです。

アクセサリーなどの貴金属やバッグなど、決して安物ではないものがプレゼントされるようです。

もちろん本命彼女の反応が楽しみなので、目の前で開けさせたりして反応を確認しようとします。

また、当然ですがよほどの金銭的ピンチじゃない限りは、食事代も出してくれることが多くなります。

キープの女性と本命の彼女のLINEの違いは?

キープに対するLINEの内容や返し方は、本命の彼女への対応とも異なる場合が多いです。

キープはあくまでもキープなので、マメな対応を必死にする必要性を感じません。

そろそろ体の関係を持ちたいなぁ~と思った頃に、LINEで「近々会えそう?」など連絡してくるでしょう。

けれど、それ以外に関する連絡を自発的にしてくることはありません。

女性からの連絡に、スタンプや短めのレスポンスを返す程度なのです。

一方、本命の彼女とのLINEですが、コミュニケーションをとることをいとわないので、彼女が不安にならない程度の間隔でレスポンスをしようと心がけます。

スタンプや顔文字を使いながら、コミュニケーションをするので楽しい会話にもなるでしょうし、時には言葉の行き違いから喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。どちらにせよ、そこに心があれば結果的に丸く収まります。

また、LINEでも本命彼女に対する気持ちを表すこともあるようで、「大好き」「愛してるよ」など打ってくることもあります。記録として残る行動をするのは、本命だけです。

男性が弱音を吐くのはキープの女性と本命の彼女どっち?

キープ女性に男らしさを見せつける必要はないので、弱音を吐く事はよくあるといえます

体や金品目当ての場合には、逆に弱音を吐くことで相手の同情を誘って「なにかをしてもらう」呼び水の役目もあります。

女性側のほうが「好き」という感情が強い場合に、「昨日仕事で失敗しちゃって・・・」というような落ち込んだ連絡がきたら、どういう対応をするでしょうか。

やはり、その男性のために元気づけてあげよう!とか、なにかをしてあげたい衝動にかられるでしょう。

逆に本命の彼女に対しては、なかなか弱い面を見せることができないようです。

そのため、彼の様子がいつもと違うと察した彼女のほうから「なにかあったの?」と声をかける傾向にあります。はじめのうちは「なにもないよ」と返事をするでしょうが、声をかけられたことがきっかけとなって少しずつ話し始めるようになります。

これは男性が心を許している証拠ともいえるわけですが、初めからペラペラ喋らないという特徴があります。

以上のことを踏まえると、男性心理的にキープ女性には弱音を吐くことに躊躇せず、本命彼女にはなるべく弱音を吐きたくない“いじらしい”傾向にあります。

その他の男性の本命の彼女に対する態度の特徴

その他に男性が本命の彼女に対する態度で行っている事をご紹介します。

本命の彼女に対する言動はこれ

仕事や人間関係に関する愚痴を本命彼女にする、ということはあまりありません。

あるのは「相談」です。愚痴をいうことで彼女から嫌われるのを嫌がりますので、ひたすらネガティブ発言をすることはしません。

出来事を話した上で、自分の考えとその先の展望を彼女に話しますが、そこには「こう思っているんだけど、どうだろうか?」という相談が混じっています。

本命の彼女に対する連絡について

コミュニケーションをとろうとするので、1日に数度の連絡のやりとりをするでしょう。

仕事が正念場を迎えているような場合には、1日に1~2度のやりとりでも十分ととらえるのがステキな女性の思いやりです。

本命の彼女の時のデートについて

彼女が生理の場合でも、予定していたデートを延期したりせずに、カフェめぐりをしたりドライブに連れて行ったりと、楽しませようとします。

もちろんその場合には手を繋いだり、スキンシップは欠かしません。

本命の彼女に対する個人情報について

本命の彼女に対して自分の情報を伝えるのは、大切に思っているよという表明でもあります。家族構成を会話の中に盛り込んだり、職場の人間関係の話しを盛り込んだり、幼い頃の話しをしたりするのは彼女に自分を知っていてもらいたいという要求があるからです。

本命彼女のお願いに対する行動

本命の彼女から「旅行にいきたい」といわれれば、旅行に連れて行ってあげようと思います。もし忙しいとしても、時間が取れそうな日程を提示してきますし、そのために仕事などのスケジューリングも万全にしようと努力をします。

本命の彼女には将来についてはこう話す

男性の将来だけじゃなく、そこに本命の彼女が横にいる前提で話しをします。

「子どもが好きだから○人は欲しいな~」とか「一軒家がほしい、マンションがほしい」といったことを話すようになります。

本命の彼女に対しての愛情表現について

好きな相手には「好き」「愛してる」「ずっと一緒にいようね」など偽りなく伝えようとします。なるべく不安にさせまいと、時間があればデートをしたり電話をしたり努力もします。

その他の男性のキープの女性に対する態度の特徴

今度は逆にキープの女性だと男性が思っている場合の態度の特徴についてご紹介します。

キープだと思っている時の男性の言動

キープしている女性に対して、人間関係や仕事に関する愚痴を伏せようとあまり思わない傾向にあります。男らしさや弱いところを見せまいとする必要性もないので、その時の出来事はわりとスルッとキープ女性には話します。

キープだと思っている時の男性の連絡

キープ女性に対して、残念ながらコミュニケーションはあまり必要としていません。

連絡をしなくても女性のほうから連絡がくるので、気を使わなくてもいいと思っています。

スタンプや絵文字で対応したり、気が乗らないときには「仕事でトラブってて会えない」など言って、女性から責められないように包囲網を敷きます。

キープだと思っている時のデートの態度

体の関係を結べないのであれば、わざわざ自分の時間をさく必要性を感じないので、キープ女性が生理の場合にはデートをしようと提案すらしません。デート予定だった日に生理がきたと知ったときには「また今度にしようか~」など悪びれずに言うこともあります。

キープだと思っている女性に対しての個人情報について

キープ女性に対して自分の情報を事細かに教える必要性を感じないので、家族の話しや職場の話しはほとんどしません。むしろ、知られることで弊害が起こることを避けるために、自分のことよりキープ女性の話題へと視点をずらそうとします。

キープだと思っている女性のお願いに対する態度

キープしている女性から「旅行にいきたい」といわれても、キープしている女性のために時間もお金も費やしたくないので、あやふやな返事をします。

ここできっぱりと「行く気はない」と応えてしまうと、体の関係を保つことが出来なくなるので、グレーゾーンの返事をします。「機会があったら行けたらいいね」というように、キープされている女性が勝手に勘違いをするような答え方をします。「行けたらいいね」とは言ったけど「行こう」とは言っていません。これは、うそをついたなどといって、追求されるのも面倒だからです。

キープだと思っている女性の将来について

キープしている女性に対して、自分の将来に関する展望を話すことはあまりありません。

ましてや、そこにキープ女性が存在しているようなことも話しません。

キープだと思っている女性への愛情表現について

キープしている女性に対して決定的となる言葉を言おうとしません。

「好き」「愛してる」はもちろんですが、「ずっと一緒にいようね」など将来を匂わせるような言葉は避けます。メールやLINEといった「残るもの」にはかなり用心するはずです。

そのかわり「気になってる」というグレーな表現を使います。

キープの女性と本命の彼女に対する行動の違いまとめ

キープの女性と、本命彼女に対する男性の行動の違いをみてみると、そこにはとてもわかりやすい図式があることに気がつきますね。

キープされている女性が「わたしはキープされているかも」と、なんとなく気付いている場合には、こうした行動の違いが参考になるかもしれません。キープが本命にのし上がるのは決して簡単なことではないですし、自分がそんな風に扱われていることに納得がいかないのであれば、ご縁を切るほうが今後のステキな出会いをつかむチャンスになるでしょう。本命の彼女は、大切に扱われる安心感にあぐらをかいたりせずに、謙虚さを忘れないことが長続きの秘訣でしょう。