彼女に昇格できないセフレ(sehure)女子がついやってしまう勘違い行動

セフレ(sehure)になっている女子から『どうやれば本命になれるのか?』という相談を数々うけてきました。実は、セフレになってしまう女の子はついつい彼女に昇格できない典型的な間違い行動をやってしまっている事が多いのです

今回は、彼女に昇格できないセフレ(sehure)女性がついやってしまう勘違い行動についてご紹介をさせていただきます。

彼女に昇格できないセフレ(sehure)女子は甘え下手

彼女に昇格できないセフレ(sehure)女子は、自立しすぎているというか本当に男性を上手く頼ったり、男性になにかお願いしたりという事が上手にできません。

心の奥底には、

私なんかが甘えてはいけない

頼るよりも自分が必要とされたい

そんな思いが眠ってしまっている事が甘え下手の原因です。

つい、相手の男性が本気じゃないかもしれないと思うと、自分も傷つきたくないのでついつい強がってしまって可愛くない態度をとってしまうということもあるでしょう。

自分を守る為の行動ではあるのですが、それでは、男性に見下されてしまってセフレで終わってしまうのです。

さらに、私なんかが甘えてはいけないという気持ちを持っていると、私なんかが相手に愛される為には相手の為になるようにしなくてはならない。

相手に、必要とされなくてはいけないという気持ちを持ってしまう事があります。

女性はプリンセス願望があるので、尽くしてくれる男性のことをつい好きになるという性質をもっている女性が多くいます。

そのため、男性にも同じ様に尽くすことで好きになってもらえるのでは?という願望があって男性に尽くしてしまうということがあるのですが、実際は逆です。

男性は、ヒーロー願望があるので、好きな女性を自分の力で幸せにしたいという気持ちを持っていますし、自分がやったことで無邪気に喜んでもらえると、自分には力があると感

じることができるので、幸せな気持ちになります。

つまり、セフレ(sehure)止まりの女子というのは、男性のその心理を理解できていないことが原因で彼女に昇格できずにセフレ女子になってしまっています。

本命に昇格できる女性というのは、甘え上手で男性を上手く頼ることができます。そして、何かやってもらったら素直に喜ぶことが出来ます。

男性がなにかしてくれたら、常に大げさなくらい喜ぶというのを習慣にして、本命の彼だけでなく、全ての男性にやるようにすると、だんだんと甘え上手になっていくことができるのでやってみて下さい。

彼女に昇格できないセフレ(sehure)女子は笑顔がない

彼女に昇格できないセフレ(sehure)止まりになってしまう女子というのは、好きな男性の前では強がってしまって、上手く笑えていない女子ってすごく多いのです。

けれども、男性は幼い頃から『男のくせに泣くな』と言われて育っているので自分で自分の感情を感じるという事が女性のように上手ではありません。

その結果、一緒にいる女性が笑顔でいると、自分は女性を楽しませる事ができているという自信につながり、結果的にその女性と一緒にいることと自信につながるのでその女性と一緒にいて楽しいと思うようになります。

女性が思っているよりもずっと男性はプライドが行動の中心になっている事が多いのです。女性を喜ばせることで自分に自信をつけることができます。

遊び人の男性に結婚相手に選んだ女性とセフレで終わる女性の違いを聞いたところ、結婚相手に選んだ女性はいつも笑顔でいるから、一緒にいて楽しい気持ちになると言っていた人がいました。

このように、笑顔でいると一緒にいる男性までも幸せにすることができるので本命の彼女に昇格できる確率も上がります。

セフレ(sehure)女子が本命女子に昇格する笑顔を手に入れる方法

セフレ(sehure)女子の女の子が本命女子に昇格するような笑顔を手に入れるには一体どうすればいいでしょうか?

実は、セフレ(sehure)女子の女の子は、楽しいことよりも悪い事にばかり意識がいきやすいところがあります。

いい事よりも悪い事ばかり目についてしまうので、ついつい笑顔が少なくなってしまいます。

彼に対してもやってくれたことよりも、やってくれない事ばかりが目についてしまっている事が多くあります。

というのも、

どうせ私はセフレ(sehure)だし

と思ってしまっていると、自分が彼に対してセフレ(sehure)扱いされているようなところばかり目についてしまいます。

例えば彼に対してなにか不満に思ったとしても、私は可愛いから愛されているという風に思う癖をつけましょう。

例えば、

『またデートドタキャン・・・。でも私は可愛いから愛されている。大丈夫』

『LINE送っても返事なし・・・。でも私は可愛いから愛されている大丈夫』

『誕生日に会ってもらえない・・・でも私は可愛いから愛されているから大丈夫』

こんな風に、なんか気になるという事があった時は、必ずでも私は可愛いから愛されていると思うようにしてみてください。

これを習慣化すると、魅力的な笑顔が自然と出るようになりますよ。なんか違和感があったり、変な気持ちになったとしても無理にやってみて下さい。

彼女に昇格できないセフレ(sehure)止まり女子と女好きの本命の違い

このように、彼女に昇格できないセフレ(sehure)止まりの女子と女好きの男性の本命になる女性の大きな違いは、自分のペースで人生を歩めているか?というところになります。

逆に、女好きの男性の本命になる女性というのは自分に自信があるタイプの人も多く、相手に合わせすぎず、自分のペースで生きています

女好きの男性は、全てを知っている女性よりも、少し自分が知らない部分がある女性を追いかける性質があります。

その為自分が会いたいといえば、いつでもすぐに来てくれる女性よりも、何しているのか?わからない部分をもっている方がもっと知りたいと思うようになりますし、女好きの男性というのは、女性を使って自分の力を示そうとするところがあります。

これはどういうことか?というと、色んな女性を口説いてセックスをすることで、自分はいろんな女性とセックスができるすごい人だと思うことで自分の自信のなさを補完しようとするところがあったり、自分ができるということを感じたいというところがあります。

女好きの男性の本命になるには、その性質を利用すると簡単に本命になれます。どういうことか?というと周りの男性みんながあの子可愛いよね。あの子いいよねと言われるような女性になれば、女好きの男性は、競争心に火がついて、他の男性も狙っている女性をもっと自分のことを好きにさせようとします。

そのためには、すでに身体の関係になっていたとしても、彼がよんでも必ず彼とデートをするということをやめたり、突然彼に何もいわずにどこか旅行をして彼とつながっているSNSに風景をアップしてみたり、一緒にいない時の行動を説明しなかったり、何をしているのか?彼が知らない部分を持つことで男性の競争心をあおります。

一緒にいないときには、他の男といるのではないか?他の男性に取られるのではないか?と思うからです。

セフレなんて到底つくりそうもない真面目な男性に対しては好意を示したほうがうまくいくことが多いのですが、セフレをつくる男性に対してはセフレの男性が愛しているといえば私もと返すぐらいの愛情の示し方のほうがよいでしょう。

実際、彼と会っていないときは、他の男性と遊ぶくらいの女性の方が、男性心理も勉強できますし、男性にモテる女性がどういう人なのか?ということを知ることもできます。

一緒にいる時は、甘えたり笑顔でいてくれるけど、一緒にいない時は何をしているのかわからないという状態を作り出し、その上で他の男性からも人気が高ければ、女好きの男性は本命にしようとします。

ターゲットの男性の好みの女性タレントとその女性に雰囲気を似せることができるモノマネメイクなどもとりいれてみてもよいでしょう。セフレをつくる男性ほど自分好みの外見にこだわるところがあり、それは整形しなくてもメイクで十分近づけることが可能です。

またセフレになる女性というのは、悩みが深く髪の毛がパサパサになってしまっています。男性にモテるアイドルの女性をチェックしてみると、髪に艶があります。

実は、肌の艶と髪の艶というのは、生殖可能であることをアピールする材料になり、男性を本能的に惹き付けることができます。

髪の毛のケアは下記を参考にしてみてください。