浮気が本命になる男心について

大好きな彼の浮気相手が自分・・・という女性は以外にも結構いるようです。

好き好んで浮気相手というスタンスに満足しているわけではない女性なら、みんなだれもが彼の心の中が知りたいと思うもの。

できることならわたしが本命彼女になりたい!という女性必見の、浮気相手と本命彼女を持つ男性の心理についてお話しします。

男性の浮気が本気になるのはどんな時?

一般的に本命がいるにもかかわらず、キープ女性がいるような男性にはあまり期待を大きく持たないほうがいいのは言うまでもありません。

しかし、それでもその男性のことをとても好きなら、“浮気相手の女性のことを本気で好きになることはあるんだろうか?それってどういうときなんだろうか?きっかけが知りたい!”と思うのがオンナゴコロでもあります。

なぜならそのきっかけを見つけ出して希望を見出したいから・・・。そうしたら「すき」という感情を捻じ曲げて、悲しい思いをしながら別れを選ばなくても済むからですね。

本命がいながら浮気相手を作っている男性が、その浮気相手に本気になるとき

それは「本命にフラレたとき」と「浮気相手よりも本命彼女が劣ったとき」です。

残念ながら、浮気相手がどんな手を使っても本命の彼女に惚れている間の男性は、浮気相手に心をもっていかれるということはありません。

心をもっていかれるとしたら上記の2つの場合だといえます。

本命にフラレたとき、心の傷を癒やしてくれる存在を無条件で求めますので、その時そばにいる浮気相手に身を寄せることになるでしょう。

とはいえ、それが本気になるかというと、不透明な部分があります。

ですので、「本命のフラレたとき」の可能性は若干落ちるでしょう。では「浮気相手よりも本命彼女が劣ったとき」ではどうでしょうか。

これはかなりいい感じで浮気相手のよさに気付くことになるかもしれませんよ。

たとえばですが、本命彼女が浮気をしていてそれが判明した場合や、本命彼女が醜態を晒した場合などがいえます。

そのときに男性が本命彼女に対して「ゲンナリ」といった感情を抱いた場合には、浮気相手の女性のことを「俺に一途だ」と思う可能性があります。

浮気相手から本命になれる可能性は彼のどこの態度で分かる?

浮気相手でも仕方ない、というスタンスで付き合いが始まったのだとしたら、本命にのし上がるのは簡単ではありません。詳しいことは以下の章でお話しすることにしますが・・・。

では、現状は浮気相手だけれど、これから本命にのし上がる可能性はゼロではありませんから、その可能性を見出したくなりますよね。

その可能性を彼の態度でみつけるにはどうしたらいいか、わかりますか?

それは「会う頻度」と「会い方」でわかってくるかもしれません。

彼にとっては本命を優先するのが大前提ですから、浮気相手には時間もお金も気遣いも「本命のおこぼれ」にすぎません。

なんていってしまうと、非常に厳しい表現になってしまうのですが、事実ですので仕方ありません。

本命の女性との逢瀬の合間に、浮気相手の女性との時間を融通させるわけですが、この配分が変わってくると「もしかして」と思っていいかもしれませんよ。

たとえば、これまで平日の夜しか会えなかったのに、段々と土日も会えるようになったりするとかなり歩がいい傾向にあります。

お部屋などのインドアじゃなく、ドライブなどのアウトドアなデートに誘ってくれるようになれば、本命への道も近し!と思って良さそうです。

浮気相手というスタンスから本命にのし上がる可能性は、彼の「会い方」でわかってくるということがいえます。

浮気相手から本命の彼女になるためにやること

これはなかなか難しいことです。なぜなら10のカップルがあれば10通りの付き合い方と、感情があるからです。

自分が浮気相手の立場で、男性が既婚もしくはパートナーがいるような場合には、はじめからそういう関係になることを承知のうえで付き合いが始まっているはずなのでは?

女性側だけが必死に「浮気相手だなんていや!本命にのしあがってやる!」と思ったところで、肝心の男性の気持ちが「いや、キミは所詮浮気相手にすぎないよ」と思っていたとしたらどうでしょう。

いくら女性が頑張っても、それが空回りどころか逆効果となって男性が嫌気をさして去っていってしまうでしょう。一番確認しておくべきことは、男性がどう思っているかです。

浮気相手としてスタートしたけれど、本気でその女性のことをすきになったのなら、女性がなにかをやらずとも男性のほうから動いてくれます。

将来のためにすべきことや、将来はこうなっていくだろうけれど大丈夫か?など、確認してくれるでしょう。

本命の彼女にのし上がるためには、下手な小細工は一切しないこと!これに尽きます。

男性を試すようなこともだめです。自分がみじめになるだけですし、歯止めが利かなくなっていきますよ。

すきならすき。その気持ちをピュアに持つことが大切でしょう。それでだめなら諦めるのもいい女の秘訣です。

婚約者がいるのに浮気をする男性心理

まず、婚約者がいながら浮気をする男性心理を語る前に、大切なポイントをお話ししましょう。

女性は、男性に対して自分を必要以上に「寛容な女」であると植えつけさせないことが大切です。たしかに好きな人には、素晴らしい女性だと思ってもらいたいものですが、現実の自分をオーバーに演出する必要はないということです。

たとえば、典型的なのは「男は浮気するから仕方ないね」とか「バレなければ浮気してもいいよ」など男性にいうパターン。

こうしたセリフは微塵も心に思っていない場合なら絶対に言ってはいけないし、万が一チリ程度に思っていたとしてもNGなセリフです。

婚約をしている女性から、そんなことをいわれた男性の心理が想像できますか?

「そうか、浮気ってバレなきゃやってもいいのか。許してくれるのか」と心のどこかで思うはず。

逆に「俺の彼女って素晴らしいな~」と思う男性は、女性を見抜く目が養われていない“まだ青い男性”かもしれません。

人間って、いつも心の中にすむ悪魔と戦っているんです。

たとえば、道端にお金が落ちていたらとりあえずは拾うものの、そのあとどうしようか考えるものです。100円であろうが1000円であろうが、100万円であろうとも交番へ届けようと考える人は、悪魔に勝った人でしょう。

しかし誰にも見られていないとわかると、ネコババしちゃえ!とこっそりポケットにしのばせてそのまま帰宅する人は、普段は理性でそれはいけないとわかっていても、隙があったせいで悪魔に負けてしまったパターンといえます。

人はいつだって条件さえ整えば、手抜きをしようと考えたりズルをしようと考えたりするものです。

このような「隙」を婚約している相手から与えられたら、よっぽどの人じゃない限りちょっとくらいいいよね・・と浮気してしまうのが、男性の心理というものです。

そしてその「隙」を与える言動(例えば、上記のような「浮気してもいいよ」)は、婚約している男性を奈落のそこに突き落とすために仕掛けた罠です。

人を試している言動なのです。

ですので、婚約者がいるのに浮気をしてしまう男性は、そういった隙があったから悪魔がひょっこり顔を出した、という心理が働いているだけなのです。

もちろんそこには、婚約者の女性に対して申し訳ない感情がありますし、浮気はしないにこしたことはないという理性が働いていたはずですが、それすらも弾けとんでしまう隙があったにすぎません。

その隙は、もしかしたら「結婚してしまったら浮気なんてできなくなる」という心理がそうさせたのかもしれませんし、その辺は男性と女性の関係性に強く関連してくるでしょう。

嫁がいても浮気をする既婚男性の心理

お嫁さんがいても浮気をする男性は後を絶ちません。もちろんその逆もいるから成り立つわけですが。

では、すでに既婚しているにも関わらず浮気をしてしまう男性の心理は、いったいどういったものなのでしょうか。

それは上記の「婚約者がいるのに浮気をする男性心理」でもお話ししたように、お嫁さん側からの甘い隙を与えられた場合と、その真逆の場合があります。

やはり「バレなければ浮気してもいいよ」といってしまう女性は必ずいるようで、そこも本心でなければ相手を試すように言う必要もありませんし、本心だとしても浮気を知ったときに逆上しない保証はどこにもありませんからNGワードであることは確かです。

それなのに言ってしまうわけですから、男性としてはホイホイと浮気に走ってしまうのです。

バレなければいいのなら相手を探そう!と、アンテナを張り巡らせているのですから、そこにひっかかる女性がみつかるわけです。

こうして浮気に入る既婚男性の心理としては、上記と同じようにそういった隙があったから、悪魔が顔を出したということがいえるでしょう。

また、これとは逆に「浮気は絶対にだめだからね!!」と強く釘を刺したにもかかわらず、夫に浮気をされてしまった場合もあります。

これは釘を刺しすぎて裏側に飛び出てしまった状態といえるでしょう。

要するに「うるさすぎて嫌気がさした」心理が、浮気へと走らせたのですね。言い過ぎは信頼関係を揺るがすことになりかねません。

釘をさすのは必要だけど、さし過ぎると逆効果になってしまうので、嫁の立場としてはそのさじ加減が非常に難しいかもしれません。

浮気が本命になる男心についてまとめ

2人の関係の始まり方にも大きく違ってくるのですが、本命彼女がいてもよしとしてお付き合いが始まった場合には、本命にのし上がるには時間がかかります。浮気相手<本命彼女 という図式が完全に出来上がっている男性心理が、浮気相手>本命彼女 に変わるには、本命彼女そのものの失態が大きく関わるでしょう。

その時の男心をつかめば、それが転機となって浮気相手返上、晴れて本命彼女へと昇進すると思います。